MENU
お問い合わせ
タイヤの買取 販売 預かり 松江 出雲 タイヤのオーリー

スタッフBLOG

タイヤの空気圧について。

2016年6月 1日

こんにちは!
出雲店の藤澤です(*'▽')ノ

今日はタイヤの点検で見つかった低空気圧走行についてご紹介いたします。
それが、こちら(´;ω;`)↓
ひきずり.jpg
写真上のタイヤが正常な状態ですが、写真下の赤い丸で囲まれた部分の文字の上部が消えかかているのがお分かりいただけますか?
以前にも、同じような状態のタイヤ↓を交換させていただきました。
DSC00036.JPG

このようなことは、低空気圧走行といわれ、タイヤの空気圧が低いまま走ることで引き起こされます。
原因は様々ですが、ごく小さな刺さりものがあったりゴムバルブが劣化することなどにより、少しづつ空気抜けている状態に気付かずに走り続けることでも起こります。
空気圧不足のままの走行は発熱による損傷や片減り、空気圧過多はセンター摩耗やキズを受けやすくなるなど、タイヤ損傷の原因となります。
一見、表からは分かりにくいですが、ホイールから外してみると、タイヤの内側にダメージを受けていて、剥がれたりタイヤの中の金属へんが露出してしまっている場合が多く、危険な状態です。

空気圧は高すぎても低すぎてもいけません。
それを防ぐためには空気圧は月1回を目安に点検し、クルマにあった最適な空気圧に調整しましょう。
オーリーでは無料点検をいつでもお受けいたします!
タイヤの無料点検で安心!
今日も安全運転を☆彡

お電話下さい!

  • tel:0852-69-9349
  • メールでのお問い合わせ